プロポクラウドの自動フォロー顧客数10万人突破!!

不動産DXを進める株式会社Housmart(本社:東京都中央区、代表取締役:針山昌幸、以下:ハウスマート)が提供している、不動産仲介会社向けの営業支援システム「プロポクラウド」が、多くの不動産売買仲介会社に導入され、自動で物件提案メールを送付している住宅購入検討者や売却検討者のトータル人数が10万人を突破しました。

 

自動物件提案メールの開封率50%以上

不動産の売買事業において、価格査定や契約書作成などの管理向けツールの導入が拡大し、徐々に不動産業界のDXが進んでいます。一方で、不動産営業は、お客様に対して地道な物件提案作業から物件見学のアテンド、契約締結など業務は多岐に渡ります。その中でも、手間がかかるのが物件提案でした。また、人にしかできない業務はアテンドや契約とされており、物件提案はIT化すべき業務の代表格でした。それを実現したのが当社のプロポクラウドです。

そしてこの度、プロポクラウドが営業担当者に代わって自動で物件提案を行なっているお客様(住宅購入検討者や売却検討者)の人数が10万人を突破しました。なお、送付メールは物件概要のみならず、周辺情報や支払いシミュレーションなど、受け取り手のお客様からも好評で、開封率は50%を超えています。

また、2022年4月より、住宅購入の希望条件で絞り込んだ顧客群に簡単に一斉メール送付できるようになったため、企業オリジナルのキャンペーン告知や、特定の物件情報を企業が保有するターゲット顧客群に伝えることができるようになりました。今までは物件提案メールを自動送付する用途で導入いただいていましたが、これからは「物件提案メール(自動)」「個別メール(手動)」「一斉メール(手動)」のメール送付が可能になります。そのため、いくつかのメールサービスを併用されていた場合はプロポクラウドのみで対応いただけるようになり、利便性が向上しました。