• ホーム
  • コラム
  • 追客業務を効率化!不動産仲介で使える追客サービス7選

追客業務を効率化!不動産仲介で使える追客サービス7選

追客業務を効率化!不動産仲介で使える追客サービス7選

不動産営業で安定した売上を上げるためには、お客様に定期的に連絡して信頼関係を構築する必要があります。実際、問い合わせがあってから契約に繋がるまでのリードタイムは長期化しているという報告もございます。

■問い合わせをしてから契約までにかかった期間

※不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)「不動産情報サイト利用者意識アンケート」調査結果 2019

とはいえ、一人ひとりのお客様に対して追客するのは大変ですよね。

そこで今注目されているのが追客を自動化するMAツール(マーケティングオートメーションツール)です。この記事では、不動産売買仲介の現場で使える追客ツールを以下7つご紹介します。

  • プロポクラウド(PropoCloud)
  • Marketo(マルケト)
  • Pardot
  • 追客自動化ステップメール
  • Selfin/物件提案ロボ
  • アポジョーズ
  • KASIKA(カシカ)

不動産仲介で使える追客サービス7選

プロポクラウド(PropoCloud)

提供会社:株式会社Housmart(ハウスマート)

メリット

  • 物件登録の手間が掛からず、すぐに使える
  • 細かい設定なしで顧客の動きが細かく把握できる
  • 大手企業を中心に導入されており、成果がでている

「プロポクラウド(PropoCloud)」は顧客のメールアドレスを登録するだけで、エンド顧客一人ひとりの条件に合った物件を自動提案してくれるサービスです。

また、提案メールもスマホに最適化されたシンプルな見た目でエンド顧客からのリアクションをもらいやすいデザインになっているのも強みです。

さらには、プロポクラウドは大手企業を中心に導入されており、かつ課題解決と共に顧客満足度の向上と顧客のアクション数の増加にも貢献しています。例えば、プロポクラウドは大成有楽不動産販売株式会社において、首都圏エリア全店に導入されてます。

大成有楽不動産販売社においては、お問い合わせした全ての顧客に対してスピーディに対応できていなかったということが従前からの大きな課題でした。そのため、営業現場からの要望を吸い上げる形でプロポクラウドを導入しました。

プロポクラウド導入後は、顧客対応が格段に効率化したと同時に、顧客に合わせた物件提案ができるようになったことで、新規顧客だけでなく、既存顧客からのリターンも増加しました。

(参考:https://service.propo.co.jp/2021/12/16/16/)

また、プロポクラウドは株式会社コスモスイニシアにおいても導入されています。コスモスイニシア社においては、マンパワーによる追客では手が回らず、全顧客に対してフォローができていなかったという課題が以前はありました。

そのため、プロポクラウドを導入。現在、プロポクラウドは現場の営業スタッフの間で有効活用されており、営業面のDXにおいて大きな効果を発揮してきてます。通常のメールによる追客では営業の手が回らず、長期フォローが必要な顧客を含めるとこれまではフォローしきれなかったものの、プロポクラウドが自動で全顧客をカバーするために、業務を大きく効率化できました。

送られたメールを顧客が開封したかどうかがすぐにわかる点も良い点であり、営業は良いタイミングで電話をすることができます。現状、追客メールの開封率は5~6割、その約半分が物件閲覧・レポート閲覧などのアクションするようになり、非常に大きな成果をあげています。

(参考:https://service.propo.co.jp/2021/09/02/10/)

プロポクラウドは、インサイドセールスとの相性も良いです。株式会社ハウスプラザにおいてはお問い合わせした顧客に対してフォローし切れていなかったという課題があり、プロポクラウドを導入しました。

反響に対する繋ぎとしてプロポクラウドに顧客情報を登録して追客を行い、顧客から返信があればすぐにアクションをし、開封しているか、どの物件をお気に入りにしているかなどのリアクションがわかるため、電話を掛けるきっかけ作りにも役立っています。プロポクラウドを有効活用することでインサイドセールスの仕組ができ、フォローしていないお客様が0になったことで、継続してフォローもできるようになったことで大きな成果をあげられるようになりました。

(参考:https://service.propo.co.jp/2020/02/06/7/)

さらに、プロポクラウドはSalesforceと連携することができます(※1)。Salesforceの顧客管理画面上でプロポクラウドでの追客をするか否かのフラグが立てられます。開封時間やいいね数などをSalesforce上で確認ができるために効率的なマーケティングを実現することができます。

※1外部アプリを活用した連携になります。

詳細はこちら

Marketo(マルケト)

提供会社:株式会社マルケト

メリット

  • 複数のアプリケーションを持っており、様々な角度からアプローチできる
  • パーソナライズ機能で一人ひとりにあったコンテンツを配信できる

「Marketo(マルケト)」は世界の5,000社以上で導入されているMAツールです。顧客情報や購買行動、セグメントによる適切なアプローチを可能にするアプリが搭載されているのが特徴的です。

どの業界でも使えるマーケティングオートメーションツールです。近年では不動産業界でも導入する企業が少しずつ増えてきています。マルケトを導入すればWebからの顧客の獲得をサポートできるというモノです。

Webマーケティングにおいては、自社サイトやランディングページ、SNS等から見込み客を集めます。見込み客に対して資料請求やホワイトペーパー、ウェビナーに登録させることで、メールアドレスなどの情報を集めることで実名リードにすると、ホットな見込み客となります。しかし、実名リードであっても成約までに至らなかったり、何らかの理由で契約を取りこぼしてしまった有望な見込み客に対しても、Marketoを利用してナーチャリングを行うことで、受注につなげることができます。数多くの見込み客から、顧客になる可能性の高いホットリードを特定して積極的な営業をかけられるようになり、営業効率を効率化できます。

一方でMarketoの費用は非公開です。最低でも月20万円ぐらいかかり、年間200万円を超えるとも言われています。また、機能も以下のように多機能ですので、どのような目的で導入するのかを確認して明確化したほうがよいです。最初に導入目的を明確化しなければ、目的に沿った機能を十分に活かすことができずに、効果を十分に発揮できない可能性があります。

・MA(マーケティングオートメーション):自社の商品やサービスにあう顧客層を決定するターゲティング、見込み顧客のナーチャリング、1on1での顧客体験などを実現できます。

・メールマーケティング:メールの作成や配信を行う機能です。

・モバイル:メールと同じようにスマホアプリにプッシュ通知が行えます。

・ソーシャル:ソーシャルメディアを使ったマーケティング活動をサポートする機能です。

・デジタル広告:検索連動型広告やディスプレイ広告などを最適化する機能です。

・Web:Webサイトに訪問した顧客に対するマーケティング機能です。

・ABM(アカウントベースドマーケティング):マーケティングだけでなく、営業やカスタマーサクセスなど複数のチームが連携し、適切な担当者へアプローチできる機能です。

・マーケティングアナリティクス:マーケティング活動の効果測定を行う機能です。

・プレディクティブコンテンツ:Webサイトから必要なコンテンツを探す時間を効率化するための機能です。

詳細はこちら

Pardot

提供会社:株式会社セールスフォース・ドットコム

メリット

  • セールスフォースとの連携がスムーズ
  • マーケティングから営業まで一気通貫した施策が行える

「Pardot(パードット)」は世界的に有名なSFA・CRMを提供する「セールスフォース・ドットコム」が提供するMAツールです。その特徴は何と言ってもセールスフォースとの連携がスムーズなことです。リードの行動や関心度合について、営業に共有する機能が備わっている点が特徴的です。

Pardotは見込み顧客の創出、リード獲得、リード育成を目的にマーケティング活動に必要なウェブトラッキング、ランディングページ制作、エントリーフォーム制作、メール配信などの機能を備えています。リードの動向追跡やセグメント機能により、ナーチャリングを行うことで、見込み確度の高いリードへと育成します。また、スコアリング機能により、確度を判定することで、段階に見合った対応が可能になることで、効率的に受注へ結び付けることができます。Pardotの具体的な利用方法としては、ウェブサイトの訪問者毎に履歴を把握することができます。資料請求ページでメールアドレスを入力した後は、その履歴がメールアドレスに紐付けられ管理されます。

過去の訪問履歴を把握できれば、その人がどのようなことに興味を持っているのかがわかり、営業担当者は商談しやすくなります。メールアドレスが分かる見込み客に対しては、ナーチャリングスコアがある程度高くなった見込み客のみをターゲットにしたコンテンツ配信を行うことで効率化できます。さらには、営業担当者に通知する仕組みの構築を行ったりすることで生産性の向上が図れます。

詳細はこちら

追客自動化ステップメール

提供会社:ミカタ株式会社

メリット

  • 購入検討者向けと売却検討者向けの2プランがある
  • 事前にメール文面が登録されているため、すぐに使える

「追客自動化ステップメール」は事前に用意されたメール文面を一定期間自動で配信してくれるサービスです。購入検討者向けプランと売却検討者向けプランの2つのプランがあり、それぞれのニーズにあったメール文面を送ることができます。

詳細はこちら

Selfin/物件提案ロボ

提供会社:リニュアル仲介株式会社

メリット

  • 新着物件があった場合、自動で物件提案してくれる
  • AI評価付きでその物件が良いのかどうか分かりやすい

「Selfin/物件提案ロボ」は物件情報をAI評価付きでお客様に自動で配信してくれるサービスです。

物件を「価格の妥当性・流動性・耐震性・住宅ローン減税・管理状況」の5つの観点で評価した診断書付きで提案してくれます。

詳細はこちら

アポジョーズ

提供会社:株式会社追客力

メリット

  • ホームページ上での顧客の動きが分かる
  • 過去の反響があった顧客のその後の動きが分かる

「アポジョーズ」は反響があった顧客が自社HPのどこを見ていたか分かるため、顧客の動きを把握することができます。

詳細はこちら

KASIKA(カシカ)

提供会社:Cocolive株式会社(ココリブ)

メリット

  • 見込みの高い優先顧客が分かるので、効率的な営業ができる
  • シナリオメールを簡単に作成することができる

「KASIKA(カシカ)」はメールの開封やクリックといったアクションから、見込みの高い顧客を見つけられるサービスです。優良顧客を簡単に見つけられるので、効率的に追客を行うことができます。

詳細はこちら

不動産売買仲介で使える追客サービス、いかがでしたでしょうか。

MAツールを使う最大のメリットは顧客を他社に逃さないこと。新規で顧客を集めるためには多額の広告費用が必要です。一方、人力だけで顧客を追いかけることは限界があり、営業現場も疲弊してしまいます。

上手に追客サービスを利用し、売上の最大化を実現していきましょう。