【ハウスマート調査】

マンション購入、経済やワクチン接種よりも

物件の品薄・高騰化が影響

不動産仲介会社向けの営業支援システム「プロポクラウド」を提供する株式会社Housmart(本社:東京都中央区、代表取締役:針山昌幸、以下:ハウスマート)は、マンション購入検討者を対象に「住宅購入に関するアンケート」を実施しました。(調査期間:2021年6月1日〜6月9日、回答者数:172人)

「何が解決されれば購入されますか?」の設問に対して「希望条件に合った物件が出てくる」「希望条件に合った物件の価格が下がる」を選択された方が多く、新型コロナウイルスのワクチン接種や日経平均株価など、社会的要因を選択された方が少ないことがわかりました。

51.2%の方が積極的に中古マンションを探している

「購入に対して当てはまるものを教えてください」の設問に対して51.2%が積極的に探していると答えています。現在、ハウスマートの調査によると2021年6月の東京23区の築20年以内の中古マンションの売り出し物件数が前年対比74.0%にとどまっていることがわかりました。なお、価格も110.7%と高騰しています。

このような市況のため、マンション購入検討者は希望条件に合った物件の売り出し情報を常に”待ち”の状態であることが推察されます。不動産仲介会社は、継続的な物件情報の提供が有効であると考えられます。

プロポクラウド概要

プロポクラウドは、営業担当者に代わってお客様の希望条件に合う中古マンションや新築戸建の物件情報やマンション売却に関するコンテンツを自動でメール送信する、不動産仲介会社向け営業支援システム(SaaS)です。

従来、営業担当者がお客様の希望条件に合う物件をレインズ(不動産流通標準情報システム)で情報検索し、物件情報(PDF)をダウンロードしてメールに添付して送付していましたが、「物件数が多すぎて把握しきれない」「長期フォローが必要なので対応しきれない」という課題がありました。このような不動産仲介会社の悩みを解決します。

また、スマートフォンやPCで操作可能な顧客管理、顧客別活動履歴のチェック、物件情報の検索・閲覧、手動メール送付など、営業活動に必要な機能も備わっているので、これ1つで不動産営業のDXを実現することができます。

  • サービス名:プロポクラウド
  • 対象物件:居住用中古マンション、新築戸建(オーナーチェンジ物件除く)
  • 対象エリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

株式会社Housamrt(ハウスマート)について

ハウスマートは 「住を自由に」 をミッションに掲げ、テクノロジーとデザイン、不動産の専門知識を融合させ、「住」の概念をもっと自由なものに進化させることを目指しています。

  • 代表者:代表取締役 針山昌幸
  • 所在地:東京都中央区銀座2-10-8 マニエラ銀座ビル6階
  • 設立:2014年10月
  • URL:http://housmart.co.jp/

お電話でのお問い合わせ

03-6264-2410 営業時間:10:00~19:00(土・日・祝日を除く)

☎︎ 03-6264-2410
(営業時間:10:00~19:00)