不動産仲介における追客業務の例文テンプレート

追客の連絡手段はメール、メッセンジャーがおすすめ

今回は、追客の具体的なコツや追客を圧倒的に効率化するツールをご紹介します。

不動産仲介にとって、追客はとても重要な業務です。 どの仲介会社も集客で熾烈な競争を繰り広げている状況ではいかに一度お会いしたお客様と「信頼関係を構築していけるか」が売上に直結します。

追客では、基本的にメールやメッセンジャーの利用をおすすめします。電話は嫌がられることが多く、お客様とのリレーションが途絶える1つの原因となりやすいです。
メールやメッセンジャーにおけるこまめな連絡によって、営業マンとしての信頼を醸成していく方が売上に繋がります。

追客メッセージ例文(メール、メッセンジャー)

ここで、実際の追客業務に使えるメッセージ例文をご紹介します。

●●様

いつも大変お世話になっております。

〇〇株式会社の△△でございます。

先日はご見学ありがとうございました。

【お客様名】様からいただいたご要望を参考に物件をご紹介させていただきたいと存じます。

本日は【お客様名】様にオススメの物件をご紹介したく、ご連絡致しました。

————————————————

■物件名:○○○マンション ○○階 ○○万円

オススメポイント:

・駅から徒歩◯分

・日当たり、眺望、資産価値、間取りの特徴、オススメに対する納得感、お得感のある情報

・生活環境(スーパー、小学校への距離)、治安

————————————————

ご興味、ご不明な点等がございましたら、お気軽にご連絡下さい。

何卒、宜しくお願い致します。

△△

コツは、お客様の希望条件に最適化した提案をすることです。
そのためにも、一度見学でお会いした際にお客様の希望条件を優先順位とセットで把握してメモを残しておきましょう。

基本的には、

  • 資産性重視なのか
  • 広さ重視なのか
  • 学区重視なのか

といった条件をできるだけ詳細に覚えておき、ぴったりな新着物件があった際に刺さる提案ができる状態を作っておくことでお客様からの信頼を勝ち取ることができるでしょう。

お客様は「なぜこの物件を提案したのか」という点に、明確な根拠があると感じたときに信頼してくれます

電話で追客する場合

先ほど、メールやメッセンジャーで基本的には連絡するのが良いと述べましたが、以下のケースでは電話をして見学に誘ってもよいでしょう。

  • お客様の検討物件が値下がりした
  • お客様のご希望に合う新着物件が出た

ただ、これらを人力で確認するのは事実上不可能ですから、システムに任せたいところですね。

物件にかかる工数は1提案あたり60分

追客は非常に手間のかかる業務です。追客をするためには、

  • 物件選定

  • 分析

  • コスト算出

  • メール文面作成・送信

という4つのタスクを行う必要があるため、1物件を提案するだけでも60分ほどの時間がかかってしまうのが現状です。
また、せっかく貴重な時間を追客に当てても、ユーザーからの反応わからず、施策に効果を実感できることは少ないでしょう。
毎日更新されていく新着物件を把握するのも非常に手間のかかる作業です。

「プロポクラウド」は、大変な追客業務を自動化できる不動産仲介業務支援ツールです。追客を自動化できるツールを導入して業務を効率化しましょう。

プロポクラウドで新しい長期追客の体験を

プロポクラウドのすべてが分かる!資料のダウンロードはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6264-2410(営業時間:10:00~19:00)

☎︎ 03-6264-2410
(営業時間:10:00~19:00)